新宿のクラシックギターレッスン教室のチェックポイント

クラシックギターといえば、クラシックを演奏するギターと思われがちですが、ジャズやボサノバをはじめ、様々なジャンルの音楽に演奏されています。そのため、幅広い年代のファンがおり、クラシックギターを習いたいという人も多くいます。クラシックギターは他の楽器と違って、基礎練習が極めて大切になります。そのため、独学で練習するだけでは、いずれ限界が来てしまいますから、真剣に学びたいという人は、クラシックギターレッスンに通う人が大半です。そこで、大切なのがクラシックギターレッスン教室選びになります。早く上達したいのであれば、自分に合ったレッスンを受けることが何より近道になります。そこで、失敗しないためのクラシックギター教室のチェックポイントを紹介します。

個人レッスンとグループレッスンの違い

クラシックギターレッスン教室には、マンツーマンの個別レッスンと同レベルの複数人で学ぶグループレッスンがあります。個別レッスンの場合、講師の演奏を間近に見聞できますし、自分のわからないことを即座に質問できます。また、講師が徹底的に弱点をチェックしてくれますので、演奏レベルを早く向上させたい人に向いています。一方、グループレッスンの場合、同じレベルの人とレッスンを受けますから、自然と交流ができますし、自分のレベルがわかりますから、モチベーションを維持しながら楽しくレッスンすることができます。また、新宿のクラシックギターレッスン教室の中には、教室が主催する演奏会を実施している教室も多く、こうした演奏会に参加しやすいというメリットもあります。どちらのレッスン形式にもメリットがありますので、初心者のうちはグループレッスンを受講し、上達してきたら個人レッスンに移行するのが理想的です。

演奏ジャンルを特化することが大切な理由

クラシックギターレッスン教室は、新宿に集中している傾向があり、各教室で様々な工夫が施されています。例えば、幼児や高齢者といった年代別にレッスンを分けていたり、ボサノバやフラメンコ、ジャズなどジャンルに特化したレッスンなど、より楽しく上達しやすい環境が整えられています。こういった理由から、新宿には多くのクラシックギターファンが集まっています。特に、ジャンル分けした教室を選ぶことはとても大切です。同じクラシックギターでもジャンルによって奏法は全く異なります。講師もオールジャンルに対応しているといっても、得意な分野がありますので、最初からジャンルに特化した教室に通っていれば、良い講師に出会える確率も高くなります。こうした理由から、自分に合ったクラシックギターレッスン教室を選ぶチェックポイントは、レッスンの形式を決め、ジャンルの特化することだと言えます。

コメントは受け付けていません。